丁寧な点検整備をしてもらうタイミングとは

車検を行う時に気をつけたいのが丁寧に整備点検をしてもらえるかどうかの見極めだと思います。
余り自動車に詳しくない方にはその見極めって?と言う感じでしょうが、実は車検とは月末に集中する傾向があるのです。
車検切れの自動車の場合でも何故か月末に集中する傾向があるので、そういった繁忙時期には車検の予約を取らないようにする事が無難だと言えるでしょう。
車検時に、車検切れの自動車であってもバイクであっても、丁寧に整備点検をしてもらいたい場合には、時間に余裕のあるタイミングで、月初めに車検の予約を取るようにする事がおすすめです。

どの時期がベスト?

月初めと言うのは予約でいっぱいと言う事も無く、比較的、これから入る予約待ちの状態である事が多いので、すんなりと希望する日時に予約をすることもできるでしょう。
また、整備士や検査官も人間ですので、繁忙時期の車検は目が行き届かない場合も考えられます。
完璧ではない可能性があると言う事です。
そう言った事を考えると、車検を行っている業者側にも時間や余裕のある時期に車検の予約を取るようにする事がお互いの為であることが分かります。
aferget-150x150
車検は満期日の1か月前から受ける事が出来ますので、こうした時間的な融通を利かせる事も多少は出来るでしょう。
万一車検切れの自動車の場合はなおさら月初めに自動車を取りに来てもらい、車検を受けるようにする事が良いのではないでしょうか。車検切れの車でお悩みの方、車検切れ車検の費用など気になる方はクリック車検までお問い合わせください。
運が良ければ代車も借りられるかもしれませんので、検討する必要はあると思います。

廃車検討中の車の自動車税

車検切れの自動車を所有している場合で、廃車を検討している方の場合、自動車税はどのようにしたら良いのでしょうか。
車検切れする前までの自動車税、車検切れになってからの自動車税については、どのようになっているのでしょうか。
結論から言えば、車検切れする前の自動車税、車検切れになってからの自動車税が未納の状態でも、廃車にする事は可能だと言われています。
ですが、廃車にしたからと言って納税の義務が無くなるわけでは無いので、滞納している分については必ず支払わなければなりません。
bgftrtrs-150x150
廃車にしたからと言って、自動車税を未納のままにしておくと、滞納金がどんどん増える事になり、いずれは預金などを差し押さえられたりする事も出てきます。
そこまでの大事に至る前に、しっかりと納税しておくことがおすすめです。

自動車税について

自動車税を滞納し続けると、その対象の自動車が差押えの対象となってしまう事もあるそうです。
廃車にする前、車検切れする前であっても、差押えの対象となってしまった自動車は、個人の自由にする事は出来なくなります。
その為、車検を通す事も、廃車にする事も出来なくなってしまうのです。
解決する方法はただ一つ、滞納している自動車税を全て支払い、差押えを解除してもらう事しかありません。
こうならない為にも、普段から自動車税は滞納する事無く納税する事が良いでしょう。
滞納しないで居れば、車検切れの自動車も自由に廃車にする事が出来ます。

更新情報

△PAGE TOP