winningbackamerica | 車検用語

車検にはたくさんの専門用語が使用される事が多く、免許を取得したばかりの方や、自動車にあまり詳しくない方には分かりにくい事もあると思います。
車検とは、法定2年点検の事を言い、その期間が過ぎると車検切れとなります。
法定2年点検とは、道路輸送車両法で2年ごとに実施する事が義務づけられているもので、56項目の点検を実施することが分かっています。
車検で言う所の検査とは、点検整備が終わった自動車の安全性の確保について検査をする事を言います。
公害防止のために区の決めた基準に合っているか、それらを検査する事を指します。
これの検査に合格すると者検証が発行される事になります。
その為車検証は大切に保管すると同時に、常に自動車の中で携帯しなければならない物として決められています。
万一車検証を携帯していない場合にはそれなりの罰則が科せられる事もあるので、必ずダッシュボードの中等に入れておくようにしましょう。
紛失してしまった際には再発行してもらう事が可能なので、速やかに対処する事が望ましいと思います。
車検を行う上で、指定工場、認証工場で車検を受ける事が挙げられます。
整備工場には上記2龍類の工場がありますが、車検ラインが工場内にあるか無いかの違いだけで、どちらの工場で車検を受けても、検査に通れば車検証を発行してもらう事が可能です。
出来れば、車検ラインが工場内にある指定工場で車検を受ける方が車検期間が短くて済む場合があり、おすすめだと思います。

関連する記事