車検用語とその解説

winningbackamerica | 車検用語

車検にはたくさんの専門用語が使用される事が多く、免許を取得したばかりの方や、自動車にあまり詳しくない方には分かりにくい事もあると思います。
車検とは、法定2年点検の事を言い、その期間が過ぎると車検切れとなります。
法定2年点検とは、道路輸送車両法で2年ごとに実施する事が義務づけられているもので、56項目の点検を実施することが分かっています。
車検で言う所の検査とは、点検整備が終わった自動車の安全性の確保について検査をする事を言います。
公害防止のために区の決めた基準に合っているか、それらを検査する事を指します。
これの検査に合格すると者検証が発行される事になります。
その為車検証は大切に保管すると同時に、常に自動車の中で携帯しなければならない物として決められています。
万一車検証を携帯していない場合にはそれなりの罰則が科せられる事もあるので、必ずダッシュボードの中等に入れておくようにしましょう。
紛失してしまった際には再発行してもらう事が可能なので、速やかに対処する事が望ましいと思います。
車検を行う上で、指定工場、認証工場で車検を受ける事が挙げられます。
整備工場には上記2龍類の工場がありますが、車検ラインが工場内にあるか無いかの違いだけで、どちらの工場で車検を受けても、検査に通れば車検証を発行してもらう事が可能です。
出来れば、車検ラインが工場内にある指定工場で車検を受ける方が車検期間が短くて済む場合があり、おすすめだと思います。

整備工場の選び方

winningbackamerica | 車検用語

自動車を所有している限りは、車検は付き物です。
車検をどの整備工場にお願いするかにもよりますが、その費用も安くは無い事がほとんどです。
どのような整備工場を選ぶことが良いのでしょうか。
車検の費用は自動車の状態によって変化しますので、一概にいくらとは言い難いものがあります。
ですが、車検を通さなければ自動車を運転する事は出来ませんので、車検切れを防ぐ為にも、車検時期をお知らせしてくれるような整備工場を選ぶ事がおすすめだと思います。
整備工場では、大抵の場合、車検切れとなる1カ月前程から案内をしてくれる工場が多く存在しています。
車検切れを防ぐと同時に、また自社の整備工場で車検を依頼してもらう為です。
このような良心的な整備工場なら安心して車検切れを防ぐ事が出来ると同時に、早期に車検の予約をする事によって、車検期間中の代車等のサービスも受ける事が出来ると思います。
整備工場でも、こうした案内をしてくれない所も有ります。
整備工場から何の連絡も無くて、車検が切れてしまった!と言うようなケースもたまにあるそうです。
車検が切れてしまっては手続きもその後の車検についても面倒な事が多いので、このような整備工場には車検を依頼しない方が無難だと言えます。
整備工場を選ぶ際には、出来るだけこうした細やかな配慮がある整備工場を選ぶようにする事で、車検切れを防ぐ事が出来、更なるサービスも受ける事が出来るようになると思います。

駐車違反反則金不納者に対する車検拒否制度とは

winningbackamerica | 設備工場

2004年から違法駐車対策関係の改正で、「駐車違反反則金不納者に対する車検拒否制度」と言う物がスタートしています。
これは、車検切れなどで自動車を運転出来ない状態となったり、何らかの故障で運転出来なくなった自動車を違法駐車する事が増えた為に作られた制度で、この制度に違反してしまうと、車検を受ける事を拒否しても良いという内容です。
詳しくは、駐車違反をすると黄色い標章を自動車に貼り付けられますが、この標章を持参して出頭し、反則金を払わなければいけないのに、それを無視し続けた場合に適用される事が多いようです。
納付期限まで放置違反金納付命令書を持って支払いをしなければ、督促状が届き、この督促状を受けても反則金を支払わなかった場合には、どのような状態の自動車でも、陸運局で車検の際に拒否されてしまうと言う訳です。
車検を拒否されれば、いずれは車検切れとなり、その自動車には乗る事が出来なくなってしまいます。
車検切れや車検拒否を免れる為には、反則金を納付して、支払ったと言う証明である領収書を提示する必要があります。
この領収書が無ければ、いくら納付済みであっても車検を受ける事が出来ませんので、大切に保管する必要があります。
もし万一領収書を紛失してしまった場合には最寄の警察署へ行き、納付、徴収済み確認書という書類の交付申請を行わなければなりません。
紛失してしまった場合には二度手間になりますので、必ず失くさないようにする事が大切になります。

良い整備工場の選び方とは

winningbackamerica | 設備工場

車検を受けるならより良い整備工場で受けたいと思う方も多いと思います。
ディーラー車検は敷居が高いような気がするし、ユーザー車検は自信が無いし、と言うような方には民間の整備工場での車検が良いと思います。
民間の整備工場では車検切れの自動車の取り扱いを行っている所も多くあり、良心的な対応の所も多いので、利用してみるのも良いと思います。
より良い整備工場を選ぶ際のチェックポイントとはどのようなものがあるのでしょうか。
良い整備工場かどうかは、実際に車検を依頼してみないと分からない、と言う方も居ると思います。
ですが、見積もりを依頼した時点でチェックする事も可能なので、是非チェックしてみて欲しいと思います。
先ず、フロントやピットでの接客態度はどうかをチェックします。
同時にフロントやピットが整理整頓されているか、清掃が行き届いているかも見ておきましょう。
ここまでは見積もりを依頼した時点でも簡単に出来ると思います。
次に、車検切れの自動車の場合でもその自動車を取りに来てくれるかどうか、メカニックの清潔感はどうか、工場の外装や内装はどのようになっているのかも、チェックしておきたいところです。
こうした点をチェックし、総合的に80点くらいだなと思えるような整備工場であれば、安心して車検を依頼する事が出来ると思います。
代車の有無は出来ればあった方が良いですが、整備工場の規模にもよりますので、その辺りは確認する事が良いでしょう。

民間整備工場のメリットデメリット

winningbackamerica | 設備工場

車検を行っている場所の中には、民間整備工場も該当します。
民間整備工場とは、街中にあるような自動車整備工場の事で、比較的少人数で運営している所が多く、〜整備工場、〜モータース等と看板を掲げている事が多いようです。
こうした民間整備工場でも車検は行っていて、車検切れの自動車でも、快く引き受けてくれる傾向があるそうです。
ひと口に民間整備工場と言っても指定工場と認証工場があります。
指定工場の場合は認定工場の看板と合わせて両方持っている事が特徴で、その内容の違いは、指定工場は整備する検査ラインが工場内にあり、認定工場は工場外にあるというだけです。
こうした特徴の違いを考えると指定工場の方が自社の工場で点検整備から車検まで全て行う事が出来るので、依頼しやすいのではないかと思います。
こうした民間整備工場は民間車検場と呼ばれる事も有るそうです。
民間整備工場のメリットは、比較的安価な価格設定や、幅広い車種に対応、整備の質が良い事もある、リサイクル品の部品を使用して安価で修理してもらう事が可能、比較的フレンドリー等が挙げられます。
デメリットとしては工場によって、設備や整備の質にばらつきがある事、車検を通す自動車の持ち込み、持ち帰りが基本である事、土日は休みである事が多い等が挙げられます。
民間整備工場で車検を行う際には、その評判や口コミ等をチェックしてみると良いと思います。
車検切れの自動車でも取りに来てくれるような業者で有れば、かなり良心的だと言えるでしょう。